根気強く向き合うのが最適

うつ病治療に必要なのは根気強さです。治療は長期的なスパンで考えましょう。うつ病は病院で診断を受けて、すぐに治るものではありません。丁寧なカウンセリングや、場合によっては継続的な投薬も必要な病気です。自分は治療を頑張っているつもりでも、周りの環境や人間関係によってさらに悪化してしまうこともあります。よくなったり悪くなったりしやすい傾向もある病気なので、根気強く、長い目で治療を続けましょう。急に悪くなったからといって、ひどく落ち込む必要はありません。

自分の判断だけで治療をすすめない

うつ病治療は、自分の判断だけですすめてはいけません。自分では元気なつもりでも、周囲や主治医が見るとそうではないことがあります。自分の判断だけで薬を減らしたり、やめたりするとかえって逆効果になることもめずらしくありません。診察のたびに自分の状況や薬の効果・副作用等を主治医にしっかりと伝え、相談しながらそのとき最もよい方法を選びましょう。

周りはプレッシャーをかけない

周りからの精神的なプレッシャーは、うつ病になる原因のひとつです。すでにうつ病になった場合はさらに状況を悪化させることもあります。たとえ治療に時間がかかっていたとしても、周りは強いプレッシャーをかけてはいけません。本人の人格を否定するようなこともあってはなりません。なかなか状況がよくならないと本人も周りもイライラしやすいですが、なるべく長い目で見て、根気強く接していくことが大切です。

しっかりと、気のすむまで眠る

うつ病は睡眠障害を併発することが多く、睡眠薬を処方されることもあるでしょう。うつ病になったら、何よりも気のすむまで眠ることを心がけましょう。うつ病特有の落ち込みも改善しやすくなります。

TMS治療は傾頭骸磁気刺激法や磁気刺激治療とも呼ばれ、薬に頼らないうつ病治療方法です。脳の特定部分を磁気刺激し血流量を増加させることを目的としています。