平面図はCADが圧倒的有利

設計図を書く際に今まで手書きで行っていたことを、CADが普及したことにより、大幅な作業効率アップをはかることができるようになりました。平面図や立面図をCADによって製図することは、マウスをクリックするだけで線引きが可能だったり、逆に線を消したい時にもワンクリックで消すことができます。紙に手書きをするときのように、いちいち消しゴムを使わずとも図面の作成ができるため、出来上がった図面の紙が汚れてしまっていたりすることもありません。図面をいろいろな人と共有することもできるCADは、平面図や立面図においてはとても有利と言えるでしょう。

現場での急な変更は手書き派が有利

建築現場では図面をもとに建物を作っていきますが、製図通りに制作が進むとは限りません。現場で作業をしてみて初めて分かることも多く、その場で急に変更といったことも珍しくないのです。そんなとき、CADでしか製図できない人はとても困ります。実は手書きという作業は、ただ製図をしているだけでなく、頭の中で展開図を描いていることが少なくありません。そのため、手書きで製図ができる人というのは、現場での急な変更にも対処できると言われています。

CADができる人は手書き製図も身に着けよう

CADは機械的に製図するため、製図自体の作業時間は大幅に削減できます。手書きの製図は、図面を描くだけで相当な時間を費やすため、一見非効率な気がするかもしれません。しかし手書きで図面を描いているときは、そのあとの作業工程も頭に思い浮かべることが多いものです。作業がしやすいと、結果として時間短縮につながります。CADと手書きではどちらもメリットデメリットが存在します。できればどちらか一方だけでなく、両方の技術を身に着けた方がいいのです。

電気CADは、大きく分けると二つのタイプがあります。一つは回路図を書くもので、もう一つはプリント基板を設計するものです。